圧倒的に
キャッチ業者のほうが
上であり

資金・規模
店舗数
スタッフ数
どれを とっても

大きさ では
かないません

でも
これが
現実 なのです。


リスクの発生

もし
その業者 から
犯罪が 多発生
した とします

それが
キャッチ・サクラによる
身元不明の参加者が

正規予約の参加者を
巻き込んでの
犯罪

世論は その
集客システム
そのものに

犯罪を
誘発させる

要因を はらんでいる
ことを

強く 非難

同じ雑誌に
掲載されている。

同業者の
東京夢企画 は
どう
映るでしょう?

どうみても
「同じ穴の むじな」

同類でしょう。

それ以前に
PARTY欄が
廃止され

それにより
東京夢企画の
経済流通システム は
破壊され

完璧に
消滅するでしょう。

キャッチ業者は
キャッチという

独自の
経済流通システム で

消滅した
東京夢企画の

潜在的参加者をも
吸収し

さらに
その勢力を

拡大して
ゆくでしょう。

これにより
キャッチ業者の
独占状態

街は
キャッチ族で
いっぱい

無秩序な状態

風俗 まっしぐら。
数年後は

完璧な
風俗の一つの

ジャンルに
なるでしょう。

このような
ストーリー

どこかで
似たような

そう
まるで
核戦争の

後の 世界 を
ほうふつする

でも もし
東京夢企画 と

同じ 考えであるならば

まだ
救われます。

でも
ココまで
巨大化した
キャッチ業者を
止める のは

東京夢企画 には
もう
無理です。

では
どうしたら
いいのか?


ないことは
無いです

まず

@ キャッチ業者の資金源を断つ

これは おもに
男性参加者が
参加しない

もう ひとつが

A 掲載媒体からの掲載停止処分

これこそ
一番 合理的な
方法


実行方法例

キャッチされた
一部始終を

媒体の苦情センター
トラブル ホットラインに
実名で
苦情を入れる。

キャッチの
事実が 判明したら
掲載停止の
処分が
下るはずです。

次に進む
indexに戻る
ホームに戻る