悲しいかな

現代の
壊れかかった

社会では
成立して
しまいます。

モラルが欠けていても

成立する
経済流通システムは

いくらでも
存在しています。

でも
裏社会での話し

例えば
覚せい剤 等である
全世界規模である。

PARTYでは
被害者が
でない じゃないか

そうですね
今のところは

ここで
以前 述べた、
文を

思い出してください。
こうです。

***
甘いセキュリティーに
つけこみ →予約する? 

参加者の
心理の ウラ を 突く

主催者側の
巧妙な
手口

例えば、
あたかも
高いステイタスを
持った参加者が

多数参加している
ことを
ウリにし

何も 知らない
女性 参加者を
結果として

だますような
手法

騙された
経験ありませんか?


「甘い 話しには 裏がある!」

面白い
現象なんですが

怪しい ところには
怪しい 参加者が
集まる

俗に
「類は 友を呼ぶ」
よく 言ったものです
***



モラルが無い
それを利用し

不特定多数の
人と知り合いになれる

そんな場所を
犯罪者 の
目には
どう 映るのでしょうか?

犯罪が
起こっても
なんら
おかしくない

それどころか
起こらないのが
不思議??

主催者が
本来の義務である

参加者の
保護を怠っている


「もう そんなことは
どうでもいい」

自分だけが
うまくいけばいい
モラルの低い
一部の参加者 に

そんなこと
何も 知らない

バイト のつもりの
キャッチの参加者?

そこに何も知らずに
参加し

とんだ茶番劇に
巻き込まれる

参加者… 
どう思いますか?

たしかに
「ひょうたんから こま」
「ウソから出た まこと」
100%否定は出来ませんが。

キャッチ軍団の
頂点(教祖)といわれる
某 業者と

我が
東京夢企画での
規模を比較しましょう。

参加動員数でみると
キャッチ業者が
月 13,000人(業界のウワサ)以上?

一方
東京夢企画は
月平均 6,000人そこそこ


次に進む
indexに戻る
ホームに戻る