暴露 !!
集客方法 裏事情

ズバリ 言いましょう。

その理由は
根本的な 問題を
はらんで
いるからです

モラル
倫理という。

まずは、
サクラ 問題

確認事項 1 

サクラの定義
ほとんどが 有料

(主催者側から
金銭の見返りがある)

または
ポイント制
(ポイントがたまると
金権・豪華景品)が
もらえ

一般参加者と
混じり参加し

そのことを
隠し
参加する


例外
ケース 1

(自分から サクラ
という 参加者も
いるらしい)

このことは
何回か参加して

そのことを
恥ずかしい
と思い

ていさいを
作ろうとした

結果の
「ウソ」 で
あるが

実際 サクラを
入れている

PARTY会社
のほうが
圧倒的に多く

いきなり
聞かされた

アナタは
信じてしまうのも
仕方ありません… 
悲しい現状


もし
その人が
本当に サクラ で

(自分から サクラ
と言ったとします)

対処法
@ その(サクラ 方は あきらめたほうが賢明です。

A すぐに近くの スタッフに報告下さい。

B スタッフの対応を 見て下さい。

C 後で スタッフがどのような報告をするか 待ってください

D 明確な答えが無い場合は 怪しいです。

E 気分を変え 残された時間を 有効にお使い下さい。

F 後日その会社が 掲載されていた雑誌のコーナーに
苦情受付のホットラインがございます。
そこに 一部始終を ご連絡下さい。

(建設的見地に立ち 決して感情的に発言しないようにお願いします。)

このような
一見
地道ではある
行為が

実は
一番大切なのです

泣き寝入り
あきらめは
絶対いけません

このことが
PARTY業界の
モラルの育成

しいては
参加者の
利益に
つながるからです。

もし
「東京夢企画」 で

「私 サクラ なの…」このような
ケースに
遭遇した場合は

参加者が
男性 女性に
かかわらず

「営業妨害」
行為になり

悪質な場合は
法的手段を
取らなければ
なりません

必ず
会場の
責任者に
お知らせ下さい。


次に進む
indexに戻る
ホームに戻る