ポイント
E<システム&
スタッフの巻>

1.システムに
こだわる

システムは重要な
ところ と

東京夢企画 も
考えて
おります。

もしアナタが
積極的で 
人見知りも せず

社交的で
人気者 であるなら

あまり
重要じゃない
かもしれません

だが多くの
方に とって

システムは

頼もしい味方に
なるでしょう



ケース 6−1

初めての会場で

たくさんの
知らない人に囲まれ

ただ?「お話ください」の
一言で

誰ともなく
話が始まる

男性は
自分が 
割り込まなくては

いつまでたっても
取り残され

女性なら
誰かに

話に来て
もらえるまでは

ず〜と一人


いつのまにか
PARTYが
終わってしまう

やりきれない
気持ち以上に

むなしささえ
覚えてしまい

二度とPARTYに
参加しようとは

思わないでしょう。



ケース Eー2

せっかく
気になる人がいた

でも
自分から積極的に

話をしに行くと言う
雰囲気でもないし

結局 
自分の意志とは
違う方と
話してばかり… 

心残り
悔いが 残ってしまった。



ケース Eー3

イイ人は いなかったし
段取りも 悪いし

料理は おろか
飲み物は
水

あげくに
時間です…  えっ


東京夢企画が
考えるには

システムは

どんな状況においても
最低限度の
楽しみ方を
保証するもので


システム+お客様の
参加意識×スタッフ能力
=PARTY完成度と

東京夢企画 は
考えています。

次に進む
Indexに戻る
ホームに戻る