「出逢いの 比較」

世の中には、 数々の出逢いがあります。
その全てが
素晴らしいものならば 問題が無かったのですが、
中には 危険なものから 怪しげ以外に

イイものまで 探して見ればありました。

それぞれを リストアップして 検証してみましょう。
(別ページの出逢いPARTYの優位性から引用)

@ ネット&チャット
  出会い系サイト
A 結婚相談所
B お見合い
C 職場&友達の紹介
D ナンパ&テレクラ系

E 出合い PARTY

解析スタート!

@ 出会い系サイト

数々の いろんな人が 興味本位でアクセスし 意識もバラバラ
全てが ダメではないが お互いが 理想の人と 巡り合える可能性が
当然 非情に少ナイ。

また 利用するものが そのこと(動機が不純)を 知っていて
それを 悪用するものも 多数存在する。

まれに
メル友→オフコン→交際とつながるが 結婚まで 結びつくケースは ニュースになるぐらいで

犯罪に 巻き込まれるほうが 遥かに確率が高い

しかも
互いが 複数名のメル友を持ち 長続きしにくく
バーチャル感覚 ゲームの延長。

だが
一番問題 なのが お互いの 身元が まったく わからず 交際に発展
お互いが 利用し合うだけの関係が 犯罪にとって 打ってつけの条件をもち
犯罪の温床になる

また
ランダムに送られてくる iモード 勧誘メールなどから 老若男女が入り混じって 繰り広げる メール大乱戦

その中には 当然 既婚者・犯罪・勧誘 販売目的など 入り乱れ…

身分証&身元確認ナシは 今後続発する 犯罪の 一番の温床

結論
出会い系サイトは とにかく 確率・信用度が 異常に低く

その割に 危険度が以上に高い

ヤラセも多く 見分けるのが不可能

中には
いくつかのシナリオが 組み込まれており

メール相手が 人間だと思ったら
コンピュータの バーチャルストーリーに…
迷い込まされてしまう

もしくは
バイトの おばちゃん の 場合もアリ!。

スタンダードは、サービス無料と言ってメールor電話番号をゲットし、自社の他のサイトからの勧誘メールや他の有料サイトへデータの転売の結果メールの嵐!

もはやそんな事すら 問題にしない モサ!

これって
もはや 出会いが目的では 完全に 無くなり

己の 欲求欲望を満たす為の 行為に はしらす。

これこそが「モラル ハザード」を 連鎖的に 引き起こす 要因
それも 本能のレベルで、

この問題こそ 悪の根幹。

その他
個人情報が 漏れたり 知らないうちに 利用されたり 契約させられたり…
リスクの割に リターンがない。

P.S.
ブロードバンドが発達し 動画の双方向送受信が 実現したとします。

一瞬 便利だと思いますが、
どこの誰かも わからない相手に アナタの 動画映像を流すとします。

相手が その映像を
どのように インターネット上で 使うかを 考えてみてください

それが
一切のリスクを無視した 無謀な 行為であるのは 明白ですね。


A 結婚相談所

高いステイタスを 持っている方には お勧めのシステムかも
でも
紹介 されなければ 高い入会&会費が 水の泡。

紹介される 
人数の上限が低い 直接 合えるのは さらに低い

成婚料が 別途かかるため 成婚 させるための 渦に 巻き込まれてしまうと お互いの 意思は二の次

勧誘的要素が システムの特質上 沸いてしまう
それらも全て 成婚料と言う システムのため

成婚料という 名目でとらなくても
間接的に たとえば 結婚式に伴う 諸費用に介入

でも それもビジネス 営業努力の延長ですので あたりまえ のこと。


B お見合い

悪くはナイが
あまり何回もできないうえ
相手が その気もないのに
お見合いをし
「すみません」なんて断られたら
家族も巻き込み
近所中のウワサになってしまい
ショックも 大…

とにかく 一つ一つの
プロセスが 大切で
何回も することはお勧めできない
と言うより 出来ない。

ということは ある程度で
妥協をしなければ
いけないシステム
なのかもしれない。

これも
高いステイタスを持った
一部の層に
人気が集中してしまう
システムでもあります。


C 職場&友達の紹介

イイこと
ですが、
それは うまくいった場合
最初から ダメなら
さっぱりして問題も少ない のですが

一度付き合って
ダメになった場合
最悪には
職場&友達を失ってしまい
かえって 高くつき
トリプルショック!!

ですが その職場にさえ
出逢いがない 人には
友達の紹介が 唯一の手段。
だが適齢期を過ぎると 
パタッと 話しがなくなり
困難になる。

ですが
今後も期待がもてるものです。


続き

TOPへ戻る