明日のために

その 3

「精神の扉」

相手の気持ち
の巻き


限られた時間 ライバル プレッシャーどうしても 自分のことしか 見えなくなり相手 異性の気持ちを 考えている。
余裕が無くなり 自分ONLYに…。

考えることといったらひたすら 相手が自分のことをどう思っているか?気に入っているのか?
告白してくれるのか? だけでは ないでしょうか、

「なぜだ!」「そう思う のが あたりまえだろう!」「そう思って なぜ悪い!」そんなふうに思った アナタ、たしかにそのこと 自体が いけないとは 言いません、でも それこそが 自分の都合だけしか考えてないことの 現れ。

「それだけ ではいけない」だけです。では よろしいですか?

ここで レッスン@

アナタは PARTYに参加し 自分では 頑張って 話したのだが、よい 結果が出なかった と しましょう。

そこで 反省モード

PARTYを 振り返ってみたら「相手もことを 全然考えてなかった。」と、思いましたそこで
じゃあ、 「相手のことを 考え」PARTYを もう一回シュミレーション しなおして みて下さい。

回想… 

で、 どうでしたか? 最初 話した 会話の内容、フリーTimeの 会話の内容 最後の フリーTime …どうでしたか?
思い出してみて。

「相手のことを 考えてみましたか?」

では、質問させてください。


その時 アナタは

「相手の気持ちになって考えて みましたか?」どうで しょうか?

通常のケースは傷ついた 自分の プライドを 癒す為に自分のとった 行動を 正当化したり、自分以外の せいにしたり、否定的に とりがちです。

でも それは 当たり前の 自己防衛 なのです。恥でも 何でもありません。
ただそれに 付け加えて? 頂きたいのです。

そのことが

相手の 気持ちになって、相手の 立場になって、相手の 心になって、相手 自身になって …、
相手の身になって考えることが出来る モードを 持つこと?

そのことが
「精神の扉」からの第一歩 なのです。


あとは あなた自身が一歩一歩 深く歩み 進んで 行って 下さい…。
そうです。

「相手の 気持ちになって…」このことは 奥が? ものすごく 深いんです。
ここで ひと言「相手の 気持ちに なった つもりに なる」

これが最悪な ケースの 一つと いうことも?
覚えておいて下さい。

「分かってるよ!」「カップルになる 為だもの」「こっちも 真剣だ!」そんなふうに思った方、まだ道のりは 遠いです。
一緒に 頑張りましょう。

その前に ひと言 所詮アナタは アナタ。自分は自分、精神の道 をいくら 極めて いったとしても
決して“相手 自身にはなり えません、”己の力の 限界を 知ることも知ること。


ここで 東京夢企画 が目指す“PARTY道” は、「決して」
「万能では ございません。」それどころか万能を目指しては いけません。

そのことがはっきり 分かりだす“瞬間が” いずれ 来るでしょう。

そこでまた お会いできる日を
楽しみに
お待ちしています。


メニューに戻る
ホームに戻る