東京夢企画

東京都庁の少子化対策課へ具体的な取り組みを提出 お見合いパーティー婚活パーティー

婚活,お見合い
婚活を心を込めてアナタへ
婚活,お見合い もう一つの 東京夢企画お見合いパーティー
スケジュール 会場地図 プロフィール送信 内容・進行 各サービス 規約事項 企業理念 携帯用

東京都庁提出書類少子化編@ビジネス編A経過

いよいよ、第四優先順位の都庁への申請まで来てしまいました。
ホームページで分析したところ、最適な窓口が絞りきれずに、生活文化局広報公聴部都民の声課に訪ねたところ。
全てこちらでお伺いして、適材適所に振り分けるみたいなので、今回もFAXで資料を送信することに致しました。

提出書類

『意見書』(1)少子化対策編

平成十八年 二月二日

生活文化局広報広聴部都民の声課、担当者殿

私どもは、東京で13年以上『出会いパーティー』会社を運営している東京夢企画です。

今回政府が『少子化』について対策を取られていますが重要な要素として『出会い』を付け加えて頂きたくお便り致しました。
是非熟読お願い致します。

論理的な少子化対策として、『入口』要素を出会い。『出口』要素として出産後の社会環境が考えられます。
このような考えを軽視し進めている現在の少子化対策の現状は?
効果どころか、人口が減ってしまっている。
その要因の一つが、出会いについて一切の対策を取っていない事があげられます。
少子化対策は車の車輪にたとえると、前輪が『出会い』、後輪が『社会環境の整備』。
これほど重要な位置の『出会い』に対し何の“規制”がないのは方手落ち、効果も激減。

よって、現状野放しの『出会い産業の規制』により、広く国民が安心&信用出来る出会いの機会が与えられ、入口が拡大のチャンスも広がり結果、少子化だけでなく、その他の経済波及効果と、正に最適化されます。

国民から安心と信頼を寄せられる『出会い』を確立できたなら。それによって生じる『メリット“可能性”』を以下に紹介します。

メリット@:参加者の拡大に合わせ出会いのチャンス以外に様々な“可能性”が広がる。
波及効果で飲食・旅行・住宅など消費による経済の活性化が考えられます。

メリットA:出会いの社会浸透により高度、高階層&国際的な出会いの可能性が広がる。
※遺伝子的操作ナシに高レベルゾーン(能力・スポーツ・芸術・文学等)で卓越した才能同士の出会いのセッティングと新境地の“可能性”も示唆できる。

メリットB:高年齢&結婚が難しい方の“可能性”発展途上国との国際結婚を含めた、ベースゾーンの開拓。

メリットC:一般層⇒中間層は、出会いのチャンスが広がることで人口全体の底上げとなる。結婚件数も増えるが離婚件数も拡大想定

離婚しても再婚しやすく、慰謝料&養育問題を一定期間に限り一部保証も含め少子化対策の費用対効果を考慮し検討。
ポイントは新たな家族の中でも子供が産め高レベルの環境を再構築し大家族復活を含む。

少子化対策は、育児が出来る環境整備が後輪としたなら、前輪は『出会い』であります。この両輪がうまく機能することで人口は自然と増えます。
ですが、今後の少子化対策のカギは!『単なる人口の増加』ではなく、
※【高度の人口増加】です。

これが達成できなければ世界有数の経済先進国としての維持が今後望めません。

日本の奇跡の経済成長の元は、敗戦により絶望から国民一人一人が必死に生き、成長しその背中を見て育ってきた子供との親子二世代の存在なしには考えられません。

飽食の現在、残念ながら人口の質の高さ、学力低下から考えても経済成長が望めるレベルには程遠く、それでいて厳しい少子化と高齢化、人口減少、二重三重の苦難がある事を、

少子化対策には忘れてはいけません。

だが、焦るあまり『単なる人口増加』ではなく【高度の人口増加】(生後三〜五歳迄の人格形成時の環境を含む)の実現が重要課題です。
これらの実現の一歩こそ、厳しい出会い産業の規制です。
では、いったいどのような規制なのか。

《出会い産業の規制案》
@:参加者の公的身分証の毎回確認の徹底。
A:財務内容の完全公開、財務省・専門機関を作り徹底した査察の無条件受け入れ。
B:関連会社が存在する場合は、関連会社も含め財務内容の完全公開を適用。
C:以上の財務でのお金の流れを徹底チェックするポイントを、同業者でもある東京夢企画がアドバイス。
D:利益が生じた場合は、国庫に税金として確実に納税することで社会に貢献し、それにより国民に信頼を得る、理想的なビジネスモデルの構築。
E:違反し改善が認められない個人・団体は二度と認めない、団体名を変えても関係者に違反者がいた場合規制の対象となる。

以上の規制を骨格として、出会い産業に携わる関係機関は、完全にクリーンである、クリーンを維持できなければ、運営できない、そこで初めて国民の信頼を得てこそ、存在できるビジネスであってこそ、少子化対策として有効、効果があるはずです。

是非この事案について直接ご説明させて頂きたく今回、FAXいたします。
どうぞよろしくお願いいたします。

最後に、少子化対策の必要性を危機感を持って感じる時は手遅れです、速やかで聡明な判断をお願い致します。
設立のためには、私は努力を惜しみません。

 東京夢企画 有限会社
            取締役 清水 節

TOPコンテンツTOP6つのポリシー5つの疑問安心・安全への取組み(経済産業省)(内閣府)(財務省)編
@【経済産業省】申請趣旨経済産業省への提出書類経過
A【内閣府】内閣府少子化対策提出書類経過
B【財務省】財務省提出書類経過
C【東京都庁】東京都庁提出書類少子化編@東京都庁提出書類出会いビジネス編A経過
D【警察&警視庁】申請書類経過

一つ戻る。
一つ戻る。
 
Copyright(C) 2006 東京夢企画 All Rights Reserved